IVE(アイヴ)メンバー人気順を調査!日本と韓国では違う?

IVE(アイヴ)メンバー人気順を調査!日本と韓国では違う?

「全員がビジュアル担当」と称される人気アイドルグループ・IVE 人気順を調査してみました。IZ*ONEとして活動していた韓国人メンバーのウォニョンさん、ユジンさんを中心に、抜群のプロポーションを誇る6人で構成された最強アイドル。本場・韓国と日本でランキングに違いはあるのでしょうか?

【日本】IVE 人気順徹底調査!

それではまず、日本でのIVE 人気順を見ていきましょう。

第1位:ウォニョン

  • 本名:チャン・ウォニョン
  • 生年月日:2004年8月31日
  • 年齢:19歳
  • 出身地:韓国
  • ポジション:ビジュアル、サブボーカル

オーディション番組「produce 48」で最終順位1位を獲得しデビューに至ったウォニョンさんは、全員が最高のビジュアルを誇るIVEの中でも圧倒的な美貌を持ち合わせています。「ジャイアントベイビー」とあだ名がつくほど、高身長ながらも赤ちゃんのような顔立ち。英才教育を受けてきたので、英語も堪能で完璧なスペックを誇ります。

第2位:レイ

  • 本名:直井 怜
  • 生年月日:2004年2月3日
  • 年齢:19歳
  • 出身地:日本
  • ポジション:メインラッパー、リードボーカル

IVEの所属事務所であるSTARSHIPエンターテイメントで、初の日本人アイドルとなったレイさんは、ラップの実力が秀でたメンバー。性格はおっとり温厚で、そんなギャップも魅力です。

第3位:リズ

  • 本名:キム・ジウォン
  • 生年月日:2004年11月21日
  • 年齢:19歳
  • 出身地:韓国
  • ポジション:メインボーカル

ぱっつん前髪で日本人かと思われることもあるというリズさんの魅力は、歌姫とよばれる圧倒的な歌唱力。完璧なビジュアルにパフォーマンススキルの高さも相まって、日本でも人気度を上げてきています。

第4位:イソ

  • 本名:イ・ヒョンソ
  • 生年月日:2007年2月21日
  • 年齢:16歳
  • 出身地:韓国
  • ポジションサブボーカル、サブラッパー

IVEのマンネ(最年少)であるイソさんは、大人びた雰囲気を持ち合わせていますがまだ16歳!ステージに立つと、他のお姉さんメンバーに負けない圧巻の存在感とパフォーマンスを見せますが、ステージから降りると一気に幼いマンネになってしまう…そんなギャップで、ファンを魅了しています。

マンネということで、日本のファンからも可愛がられ「イソまる」なんていうあだ名がついているほどなんですよ。

第5位:ユジン

  • 本名:アン・ユジン
  • 生年月日:2003年9月1日
  • 年齢:20歳
  • 出身地:韓国
  • ポジション:リーダー、メインダンサー、リードボーカル

IVEの頼れるリーダー・ユジンさんは、IZ*ONEのメンバーとしても活躍してきたベテランアイドル。IVEではリーダーに大抜擢されましたが、IZ*ONE時代は年少組でしたよね。そんな成長を見られるのも、ファンにとっては嬉しい限りでしょう。

第6位:ガウル

  • 本名:キム・ガウル
  • 生年月日:2002年9月24日
  • 年齢:21歳
  • 出身地:韓国
  • ポジション:リードダンサー、リードラッパー、サブボーカル

IVEの最年長メンバーで、おっとり優しいオンニ(お姉さん)であるガウルさんが第6位となりました。最年長ながら一番小柄で控えめな印象を残すガウルさん。実は各楽曲では、一番インパクトを残すパートを任されることが多い実力派なんです。IVEの楽曲で「聞いたことがある」というパートは、ガウルさんが歌っている可能性が高いですよ。

【韓国】IVE 人気順徹底調査!

続いて、本国・韓国でのIVE 人気順を見ていきましょう。日本での人気順とは少しだけ違いがあるようです。

  • 1位:ウォニョン(韓国)
  • 2位:ユジン(韓国)
  • 3位:イソ(韓国)
  • 4位:リズ(韓国)
  • 5位:ガウル(韓国)
  • 6位:レイ(日本)

韓国でも圧倒的人気を誇ったアイドルグループ・IZ*ONE時代から活躍している2人が、上位を占めていますね。そして、日本人メンバーのレイさんが最下位という結果になりました。

韓国では、レイさんのようにフレッシュでハツラツとしたアイドルよりも、大人っぽく「美」を意識したビジュアルが好まれる傾向にあるようですね。

まとめ

今大人気のアイドルグループ・IVE 人気順を調査してみました。日本と韓国ではわずかな違いしか見られなかったものの「可愛い」も「キレイ」も好まれる日本に対し、韓国では「キレイ」が圧倒的に人気を誇る文化があり、IVE 人気順に変化をもたらしていました。とはいえ、IVE自体は着々と人気と知名度を上げているグループなので、IVE 人気順よりもグループ全体の活躍を喜ぶべきなのでしょう。今後、日韓の架け橋として活躍してくれるのが楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました